今一番おすすめの白髪染め|色々と試してみてわかったこと

家族が白髪染めをした時の具体的な経緯

見た目を気にしている人なら白髪染めは現実的な効果があると思います。

 

確かに白髪が目立っていると気になるのは人として自然です。

 

最近では白髪染め関係の商品を頻繁に見るので本当にこれが求められていると思います。

 

白髪染めの正しいやり方

 

私の家族も白髪が目立っていることを気にして普段の生活をしていました。

 

そういう状況の中で白髪染めの話題が出たので何度か相談をしました。

 

家族は他人の目が気になるので白髪染めをしたいという気持でした。

 

以前は家族が白髪を自分で抜いていたので染める必要はなかったと思います。

 

しかし年齢を重ねて更に白髪が増えたので目で分かるようになりました。

 

だから白髪染めを考えてそれを格安で済まそうと感じていたのです。

 

そういう時期にテレビでは白髪染めの商品の話題が出ていたので一緒に見ました。

 

白髪染め商品は様々なバリエーションがあって女性には優しい印象でした。

 

私は家族に市販の白髪染めアイテムをお勧めして現状を変化させるべきだと言いました。

 

結果的に家族は市販の白髪染め商品を使って綺麗に作業を終えました。

 

今は品物が優れているので白髪染めをしても殆ど気付かなかったので凄いです。

 

こういう方法があるなら更に白髪染めをしたいという人は多くなるように感じました。

 

私は家族が髪の毛を染めて以前よりも明るくなって本当に安心しました。

自宅で行う白髪染めのテクニック

 

年齢と共に目立つのが白髪ですが、グレイヘアの似合う年齢であれば、そのまま染める必要はないと思います。

 

しかし、40代や50代で白髪が多い場合、髪の毛の印象でグンと老けた印象になってしまうため、白髪染めはいわば若々しく見られるための必須アイテムと言ってよいでしょう。

 

そんな私は、他に何もとりえはありませんが、40代白髪選手権なるものがあれば、10本の指に入るのではないかと思えるほど白髪が多く、そのため、最低でも月一には白髪染めを行わないと、伸びた部分が光りにあたった際には目も当てられないほどの状態になってしまいます。

 

美容院で白髪染めを行いたいのは山々ですが、それでは家計に響くため、自宅で白髪染めを行っています。

 

自宅で白髪染め歴が長いので、自画自賛ではありませんが結構上手に染めることが出来ているのではないかと思いますが、最近知ったテクニックの一つに、染める前はトリートメント剤などを使用しない方が染まりやすいということを聞き、実行するようになりました。

 

トリートメント剤は髪をコーティングする作用があるということが理由で、髪が染まりにくいらしいのですが、確かにトリートメント剤を使用しない方が染まりやすいように思います。

 

ただし、染めた後はたっぷりトリートメントでの保護が必要です。

白髪が出来たら迷わず買う白髪染め

 

私の同級生は、中学生の時から既に白髪がありました。

 

最初はほんの数本だったと思います。

 

けれど、日に日に白髪の本数は増えていき、いつしかかなりの白髪が髪の毛の割合を締めていました。

 

まだ思春期の若い女の子だと言うのに、何だか彼女を見ていると悲しくなってしまいました。

 

友達だけれど、さすがに白髪染めしないのかと言うような発言は出来ませんでした。

 

きっと本人が一番気づいているのに、何だか彼女をこれ以上追いつめてはいけない様な気がしたのです。

 

しかし、どうしてこんなに若いうちから白髪が出て来たのか不思議でなりませんでした。

 

よく若白髪という言葉は聞きますが、そんなのはほんの数本の話しだと思っていたからです。

 

けれど彼女の場合は、白髪の本数が圧倒的に多すぎたのです。

 

ホルモンなのか、はたまた遺伝なのか分かりませんが、私は自分に白髪が生えてきたら迷わずすぐに白髪染めを購入するつもりです。

 

普段から母の白髪染めは私が担当しているので、手際もかなり良くなってきました。

 

白髪があるだけで、何十歳も年上に見えてしまう気がするのがとても嫌なのです。

 

やはり髪の毛というのは、人の印象を大いに変えてしまうだけの威力があるのではないかなと思うのです。